私たちは

『創作劇の青年座』として創立以来数々の書き下ろし作品を上演しつづけてきました。翻訳劇全盛期の創立当時は、創作劇上演自体無謀な行動であり、劇団存続を危ぶまれました。しかし、10人の創立メンバーの意志は強く、創作劇の上演を重ねて確実に次代に受け継いできました。劇作家も椎名麟三以来時代と共に範囲を広げ、マキノノゾミ、鐘下辰男、坂手洋二、永井愛、松田正隆という新世代の劇作家との舞台を次々と発表しています。青年座の「創作劇上演」は日本の演劇状況をより活発に、新鮮に塗り替えていると自負しています。今後も創作劇の上演はもとより、近代古典の現代的視点による上演、海外作品の上演、またミュージカル作品の上演も行っていきます。

過去の上演作品

                                   
本公演 スタジオ 文化庁協議会公演  
1954年 〜 2000年 1954年 〜 2000年    
2001年・2002年 2001年・2002年    
2003年・2004年 2003年・2004年 2003年・2004年  
2005年 2005年 2005年  
2006年 2006年 2006年  
2007年 2007年 2007年  
2008年 2008年 2008年  
2009年 2009年 2009年  
2010年 2010年 2010年  
2011年 2011年 2011年  
2012年 2012年 2012年  
2013年 2013年 2013年  
2014年 2014年 2014年  
2015年 2015年 2015年