文芸部
磯村 純(いそむら じゅん)個人HP
入団年月 1996.4
出身地 愛知県
経歴 桐朋学園短期大学専攻科演劇専攻修了
生年月日 1972年 
   

1972年7月11日生まれ。愛知県出身。
桐朋学園短期大学専攻科演劇専攻修了後、
1996年に劇団青年座文芸部に入団。演出家宮田慶子に師事。
宮田慶子、マキノノゾミ、木村光一などの演出助手を務めた後、
1998年青年座スタジオ公演『こもれびの中で』で演出家デビュー。
青年座本公演初演出である『蛇』や『流星ワゴン』(劇団銅鑼)の演出で注目を浴びる。
自治体主催の演劇ワークショップや企業のコミュニケーションセミナーの講師も勤める。

青年座研究所教務/日本大学藝術学部映画学科非常勤講師/日本工学院専門学校講師
日本演出者協会会員
 

主な演出作品

2016年   『俺の酒が呑めない』(古川貴義=作)[青年座本公演]
2012年-16年『ブンナよ、木からおりてこい』(水上勉=作/小松幹生=補綴)[青年座本公演]
2007年   『オレンヂ色のキャデラック』(高義治=原作 比佐廉=脚本)[青年座スタジオ公演]
2006年   『蛇』(赤堀雅秋=作)[青年座本公演]
2005年   『なめとこ山の熊の胆』(宮沢賢治=原作 重光透=作)[青年座スタジオ公演]
2003年   『俺たちは志士じゃない』(成井豊+真柴あずき=作)[青年座スタジオ公演]
2002年   『さよなら竜馬』(マキノノゾミ=作)[青年座スタジオ公演]
2001年    街角の親父『戦争で死ねなかったお父さんのために』『生涯』二本連続公演
        (つかこうへい=作)[青年座スタジオ公演]
1998年   『こもれびの中で』(西澤周一=作)[青年座スタジオ公演]
[以上 青年座]

2016年   『短編集』(岸田國士/テネシー・ウィリアムズ/小関直人=作)[劇団銅鑼]
2016年   『遥かなる海の賛美歌』(岩豪友樹子=作)[大分県・国東市演劇講座]
2015年   『父との旅』(青木豪=作)[劇団銅鑼]
2015年   『ピースウォークプロジェクト』(磯村純=構成)[劇団文化座]
2014年   『息子たち』(スティーブン・メトカルフ=作/高橋知伽江=訳)[水戸芸術館ACM劇場]
2014年   『きけ、わだつみのこえ』(磯村純=構成)[笹塚ファクトリー]
2012年   『蠅取り紙』(飯島早苗=作)[劇団朋友]
2011年   『父が燃える日』(古川貴義=作)[文化庁新進演劇人育成公演]
2010年   『HAPPY MAN』(マキノノゾミ=作)[文化庁芸術団体人材育成事業]
2009年-16年『千羽鶴』(コーリン・ソーマス=作/吉原豊治=訳/比佐簾=脚色)[劇団文化座]
2009年   『みぢかうた』(本多誠人=作)[文化庁芸術団体人材育成支援事業]
2008年   『空ゆく風のこいのぼり』(藤井貴里彦=作)[劇団東演]
2008年   『鰻屋全焼水道管破裂』(倉持裕=作)[文化庁芸術団体人材育成支援事業]
2008年   『海の一座』(謝名元慶福=作)[あおいと企画]
2008年   『非常階段』(はせひろいち=作)[下北沢演劇祭区民グループA]
2006年   『家を出た』(鈴江俊郎=作)[文化庁芸術団体人材育成支援事業]
2005年-10年 『流星ワゴン』(重松清=原作/青木豪=脚色)[劇団銅鑼]
2005年   『激情』(三浦大輔=作)[文化庁芸術団体人材育成支援事業]
2004年   『かつて東方に国ありき』(嶽本あゆみ=作)[文化庁芸術団体人材育成支援事業]
2004年   『浄瑠璃の庭』(藤井貴里彦=作)[劇団東演]
2003年   『温室の庭』(今井一隆=作)[劇団東演]

青年座ホームページへ