文芸部
千田 恵子(せんだ けいこ)   
入団年月 2001.4
出身地 神奈川県川崎市
経歴 法政大学工学部経営工学科卒業後、舞台芸術学院演劇部本科51期卒
生年月日 1974年6月16日 
   

川崎市出身。法政大学工学部経営工学科卒業後、
電気メーカー勤務を経て、舞台芸術学院演劇科卒業。
2001年劇団青年座文芸部入団。2児の母。
2003年『中華屋・羅生門』(14年度文化庁新進芸術家育成事業)作・演出デビュー。
以後、劇団内外で多くの作品に演出・演出助手で関わる。
声優、俳優の育成と共に、小中学校でのコミュニケーション活動にも力をいれている。
表現教育の講師プロフィールはこちら→「講師プロフィール」
 

主な演出作品

2020年【ラジオドラマ】『ツキイチラジオドラマ』作・演出[ラジオフチューズ]
2020年『私の始まりと終わりについて』作・演出[www.project]
2019年『朗読・星新一』(星新一=作)演出[www.project]
2017年『トリノマチ』作・演出[farmers39・マグカルフェスティバル実行委員会]
2016年『www.com』(栄喩軍=作)[Restart]
2013年『メアリー・スチュアート』(ダーチャ・マライーニ=作)[勝田演劇事務所]
2010年『死んでたまるか』(五十嵐明=演出)[青年座スタジオ公演]
2010年『昭和の子供』(西島大=作)[青年座本公演・セレクション]
2010年『宮城野』(矢代静一=作)[SFプロジェクト]
2009年『はひふへほ』(長谷川考治=作)[文化庁芸術団体人材育成支援事業]
2009年『おもいで きらきら』作・演出[パッチワークプロジェクト]
2008年『コーヒーと紅茶、そこに入れるべきミルクと砂糖について』(泊篤志=作)
     [文化庁芸術団体人材育成支援事業]
2008年『動機』(ギイ・フォワシー=作)[ギイ・フォアシー・シアター]
2007年『みごとな女』『わが家』(森本薫=作)[文化庁芸術団体人材育成支援事業]
2007年『生きているから』作・演出[川崎市青少年舞台芸術活動実行委員会]
2007年『燕のいる駅』(土田英生=作)[財団法人川崎市文化財団]
2006年『衣裳』(森本薫 作)[文化庁芸術団体人材育成支援事業]
2006年『Let'go!』作・演出[川崎市青少年舞台芸術活動実行委員会]
2006年『舞台の遊戯』(アレーグル=作)/『遺灰と提灯』(ルノード=作)[ITI]
2005年『父が帰る家』(木庭久美子=作)[文化庁新進芸術家事業]
2005年『生きているから』作・演出[文化庁新進芸術家事業]
2003年『死んでたまるか!』作・演出[文化庁新進芸術家事業]
2003年『中華屋・羅生門』作・演出[文化庁新進芸術家事業]

青年座ホームページへ