文芸部
須藤 黄英(すどう きえ)   
入団年月 2003.4
出身地 東京都
経歴 東洋大学文学部国文学科卒業
血液型 O型
生年月日 1976.9.22 
   

東洋大学卒業後ENBUゼミナール平田オリザクラス、文学座付属演劇研究所を経て、
2003年劇団青年座文芸部に入団。
2006年『薔薇』(平成18年度文化庁芸術団体人材育成支援事業)が初演出作品。
新作、近代古典、翻訳劇などジャンルを絞らずに幅広く手がけている。
また、各種専門学校等で講師も多数つとめている。
 

主な演出作品

2015年 『鑪−たたら』(早船聡=作)[青年座本公演]
2014年 『カップで自分を量るがいい』(土田英生=作)[ツチプロ off・offシアター]
2013年 『夜明けに消えた』(矢代静一=作)[青年座本公演・セレクション 青年座劇場]
2012年 『道の上の家族』(張誠希=作)[韓国戯曲リーディング あうるすぽっとホワイエ]
2011年 『ほととぎす・ほととぎす』(宮本研=作)[青年座本公演・セレクション 青年座劇場]
2010年 『貧乏物語』(井上ひさし=作)[劇団東演本公演]
2009年 『青島先生』(鈴木哲也=作)[平成21年度文化庁芸術団体人材育成支援事業 青年座劇場]
2009年 『その受話器はロバの耳』(土田英生=作)[青年座本公演 本多劇場〕
2008年 『リバウンド・チャンス』
     (飯島早苗=作)[平成20年度文化庁芸術団体人材育成支援事業 青年座劇場]
     『おたまじゃくしはかえるのこ』(別役実=作)
2007年 『その鉄塔に男たちはいるという』
     (土田英生=作)[平成19年度文化庁芸術団体人材育成支援事業 青年座劇場]
2006年 『おやすみ、母さん』(マーシャ・ノーマン=作)[青年座スタジオ公演 青年座劇場]
2006年 『薔薇』(森本薫=作)[平成18年度文化庁芸術団体人材育成支援事業 青年座劇場]

その他

演出助手としても劇団内外で数多くの作品に参加している。
『扉の向こう側』アラン・エイクボーン=作 坂垣恭一=演出
『夜のピクニック』恩田陸=原作 高橋知伽江=脚本 深作健太=演出
『冷蔵庫のうえの人生』アリス・カイパース=作 謝珠栄=演出
など

青年座ホームページへ